• キャッシングやローンは組めない

    破産宣告をすればキャッシングやローンは組めない。
    確かにそれはそれで大変かもしれませんが、本来はキャッシングなどでお金は借りずに生活するものだと私は思います。
    家も買えない、車も買えない。
    でもそれでいいと思います。
    別に持ち家じゃなくても賃貸で充分生活はできるし、車だってローン組まなきゃ買えないようないい車に乗らなくったていいと思います。
    そもそも場所によっては車を所有しなくても生活できますしね。

    そして破産宣告して、反省もしてるでしょうし、100%本人が悪くて破産宣告することになったのか、それとも会社や親戚友人関係の繋がりで破産宣告することになったのか、破産宣告することになった理由もあると思います。
    いずれにせよ、大きな代償を払って学んでくれたと思うので、その分地道にやり直していけると思います。
    そして、私も一緒に働けばいいんですから。

  • フリーターOKのアコムのキャッシングを気楽に利用

    アコムと聞くと明るく楽しいテレビCMを思い出しますが、消費者金融であることは間違いないです。やはり自分の彼が、フリーターOKのアコムのキャッシングを気楽に利用しているのに良い気分はしないです。最初の頃は、フリーターの彼を好きなあまりアコムでキャッシングをする行為が気にならなくても、後々金銭トラブルが原因で不仲になると思います。また気軽にキャッシングをするというのは、お金を大切に思わないなど、だらしないイメージがあります。これは思うに家庭環境、両親の育て方にも疑問を持ちます。やはり、両親の金銭感覚に問題があるとすると、フリーターの彼にアコムのキャッシングに関して諭したところで、今日明日で治らせることはできないと思います。残念ではありますが、せっかく自分の好みのタイプに出会ったとしても、お金にルーズな相手だと自分が不幸になってしまいますので、初回のデートを最後に付き合わない選択が最善だと思います。

  • 消費者金融にすぐお金を借りる

    欲しいものがあると消費者金融に今すぐお金を借りる。まず、自宅とか資産を処分して消費者金融で借りたお金を返すように努力します。それでも足らなければ破産を考えるしかないでしょうね。親の年齢だと既に年金をもらっています。破産しても年金は保護されるので当面の生活費には破産しても生活はできると思いますので破産させます。もし肩代わりしても同じ行動を繰り返すと思うので安易な肩代わりはしないです。例え医療費だとしても返せないほど消費者金融に借金をする時点で正常な判断力があるとは思えないので、破産によって新規の借入やクレジットを使えなくする方がいいと思います。わたしも生活に余裕がないので、肩代わりするといってもどこからか借りてくる以外に手段はなく、こんなことを繰り返していたら親子そろって追い詰められて破産になるかもしれません。どこかで悪循環を断ち切るために心を鬼にして親を破産させるしかないと思います。

  • オリックスVIPカードローンの審査に通らなかったらしい

    例え、どんなに大切な人であろうが、私は誰の借金の連帯保証人にもなりません。こいつはオリックスVIPカードローンの審査に通らなかったらしい。このカードローンの審査に落ちたから、違うローンの連帯保証人をお願いしてきたわけだ。
    正直な話、連帯保証人が必要な借金に手を染める人自体が「エンガチョ」と言った感じですが、「急な事情で借金をする」ということは分かります。
    しかし、普通の保証人と連帯保証人の違いを考えれば考えるほど、「お金を借りた人の逃げ得」という印象しか浮かびません。
    「連帯保証人になってくれ」と言われる、イコール、「借金を肩代わりしてくれ」としか考えられないのです。
    情が無いと思われてもいいのですが、これに関してはいくらの金額であっても断じて「NO」をつきつけます。

    ただ、第3者の金融が挟まっているから面倒くさい、というだけで、私自身に「お金を貸してくれ」というのであれば、多少は考えます。
    よく知らない人に金を渡すよりは、ドブに捨てる感覚で、自分が貸せる分だけ大切な人に貸した方がまだマシです。
    仮に借金を返さず逃げられたとしても、「あいつは大事な人からの借金も返せない薄情な奴だ」と言いふらせますから、大切な人の信頼が損なわれ世間にも迷惑をかけずにすみますしね。
    もちろん、お金を貸す際には、「何故お金が必要になったのか」「何に使うつもりなのか」などはきちんと聞き、目的によってはNOですが。

  • パートさんや専業主婦が消費者金融からキャッシングの借金

    パートさんや専業主婦が消費者金融からカードローンでキャッシングした借金は、早く返すことが鉄則。
    時間がかかればかかるほど、利子は増え、返すことが困難になるだろう。
    で、あるならば、現金を集めなければならないだろう。

    消費者金融の借金の理由はどうあれ、現実を見なければならない。
    お涙頂戴の話を聞いたところで、借金が減るわけでもないのだから。

    情けないし、カッコ悪いのは百も承知だが、まずは両家の親に相談するべきだと思う。婚約までした間柄なのだから、話しくらいは聞いてもらえるだろう。
    「結婚式も新婚旅行もなしでいい」
    「2人で働いて、毎月きちんと返済する」
    「完済するまで子供は作らない」
    この提案で、貸してもらえるように、お願いしてみようと思う。
    自分の経済力では、色んなところからかき集めても100万円くらいしかよういできない。悔しいけれど、俺はそんな程度だ。
    でも、彼女と供に生きていきたい。

  • 銀行カードローンの借金があると発覚

    もしも伴侶に銀行カードローンの借金があると発覚したら、理由次第では離婚をすると思われます。
    銀行カードローンの借金は癖になる、とはいいますしやはり銀行カードローンで借金をする人間はあまり計画的ではなくどこかだらしのないイメージがあるためです。
    借金の理由が事故や病気のためでしたらまだ良いでしょう。
    投資のため、ギャンブルのため、浪費、交際のためでしたら別れた方が自分のためだと考えてしまいます。
    遊びのつけを支払わされるのはかなり辛いものがあります。
    他人の債務の肩代わりをする、という事はとても不条理であり、不満が噴出してしまうと思うのです。
    借金は一度完済ができてもまた繰り返す人が多く、私は相手を支えきれないでしょう。
    お金は生命に関わります。
    お金がない相手、しかも借金を持っている相手と生活をしているとこれから先事故や病気に遭ってしまった時、治療が受けられずに苦しむかもしれないのです。
    食べる物もない、病気も治せない、楽しみも得られない、そんな人生は嫌なのです。

  • 友人に5万円貸した。アイフルで借りろよ!

    大学生の時に、友人が女友達を妊娠させてしまい、堕胎の費用としていくらか貸してほしいと言われました。親しい友人だったので何とか力になってあげたかったのですが、事情が事情だけにあまりいい気持ちはしませんでした。アコムやモビットなど消費者金融で借りてほしいです。もちろん消費者金融で借りろよとは言えません。でも過去に消費者金融のアイフルのカードローンでお金を借りていた過去がある友人です。友人のほうでも借金を申込むということは、もうどうしようもなくなっていたのでしょうが、あまり同情はできませんでした。とりあえずその時は相手が求めていた5万円を貸して、半年ぐらいかけて少しづつ返してくれました。しかし、お金の貸し借りをしたことで、友人との間にそれまでとは違った雰囲気が流れ始め、結局その友人とは徐々に疎遠になってしまいました。友人の方でもその一件以来、徐々に生活がすさんできて性格も少し荒れてきたことも原因としてあったかもしれません。必要だったからお金の貸し借りをしたわけですが、その結果、大事な友人を一人失うことになり、当時はどうしようもできなかったものの、今思えばとても残念な経験になってしまいました。だからアイフルなどの消費者金融で借りてほしかったです。

  • カードローン申し込み時の在籍確認の電話も会社に来たらいや

    消費者金融にお金お借りてしまうと、お金を返せなくなり自己破産してしまうようなイメージがつきます。怖くて、そこでは借りられません。まずは、銀行に打診してみるしかないでしょう。それがだめで、親戚も貸してくれないとなると、いよいよ、消費者金融から借りないといけません。行ったことがないので、入りづらいし、怖いです。借金は雪だるま式に増えて行くような気がしてなりません。最後の最後です。カードローン申し込み時の在籍確認の電話も会社に来たらいやですよね。
    コマーシャルもしているし、入りやすそうではありますが、敷居は高いです。銀行よりも待たされないし、簡単に手続きできるのかもしれません。できれば、利率のところが抑えられるといいですね。初回は安いというようなことです。
    今は、学生の方でも生活が苦しく、消費者金融でお金を借りないとやっていけないようになっているのではないでしょうか。
    在籍確認って学校にも電話が来るのか?